| HOME | NEXT »»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | 編集 | スポンサー広告

ペナント検証 選手タイプについて 投手編

海外留学選手番外編です。
以前、海外留学選手内の「第05回 #11 由規選手」の記事の最後に、
"選手タイプにはもう一つの重要な役割があったのです。"
と書きました。遅くなりましたが、それの続きです。
パワポタ4でデータだけ取って記事にしていなかったのですが、
新作の様子見もかねて、パワプロ2010でもう一度検証してみました。

ことの発端は海外留学選手のときに、既に高水準にある基本能力(走力や球速など)が、
伸びやすい選手タイプに設定してある選手を、少しもったいないと思ったことでした。
そんな中、由規選手のデータ取りの最中にあることに気づきました。
なるべく期限ギリギリまで成長させてから留学させていたのですが、
3、4年経つと低下する能力も中にはありました。
しかし、球速だけは一向に低下しませんでした。
そして、由規選手の選手タイプは「速球型」でした。

ということで、選手タイプは成長だけでなく
能力の低下にも関係しているのではないかと推測し、
今回は球界最年長投手の西武工藤選手に協力してもらい検証しました。

方法は海外留学選手と同じく、ある一定の能力の選手で構成された12球団の
アレンジチームに、対象選手を一人入れてペナントを行います。
采配などは全てCPUに任せます。操作レベルは「めちゃつよ」です。
他、ケガ、トレード、新外国人、ドラフト、FAはなしにしています。

投げる工藤選手は1999年の再現選手の能力にしました。

今作では11月30日の自由契約選手採用時に能力が低下するようなので、
2010年11月28日の契約更改と2010年11月30日で差分を取り、
各選手タイプでどの程度の能力の低下があるかを調べました。
タイプごとに36、計144人分のデータを集めました。

データの見方は左から、
球速 コントロール スタミナ スライダー カーブ フォーク シンカー シュート
で、右は低下量です。

一部抜粋で、こんな感じです。
146/169/144/2/5/1/0/0/0 -1/-19/-19/*0/-1/-1/*0/*0
146/169/139/1/5/2/0/0/0 -1/-19/-24/-1/-1/*0/*0/*0
146/169/147/1/4/2/0/0/0 -1/-19/-16/-1/-2/*0/*0/*0
143/169/142/2/6/2/0/0/0 -4/-19/-21/*0/*0/*0/*0/*0
143/169/147/2/6/2/0/0/0 -4/-19/-16/*0/*0/*0/*0/*0
143/169/146/2/5/2/0/0/0 -4/-19/-17/*0/-1/*0/*0/*0
143/182/144/2/6/2/0/0/0 -4/-*6/-19/*0/*0/*0/*0/*0
143/182/134/1/5/2/0/0/0 -4/-*6/-29/-1/-1/*0/*0/*0
143/182/142/2/5/2/0/0/0 -4/-*6/-21/*0/-1/*0/*0/*0
143/169/153/2/4/2/0/0/0 -4/-19/-10/*0/-2/*0/*0/*0
143/169/157/2/5/2/0/0/0 -4/-19/--6/*0/-1/*0/*0/*0
143/169/158/1/6/2/0/0/0 -4/-19/--5/-1/*0/*0/*0/*0

低下した能力の平均値
各タイプ)
速球) -1/-19/-22.22 -0.278/-0.944/-0.222/0/0 -1.444
変化) -4/-19/-22.67 -0.167/-0.472/-0.028/0/0 -0.667
コン) -4/-*6/-22.50 -0.278/-0.889/-0.361/0/0 -1.528
スタ) -4/-19/-*7.19 -0.333/-0.583/-0.250/0/0 -1.166

という結果となりました。一番右は変化球の合計です。
各タイプとも該当能力の低下量は少ないという結果となりました。
特に球速(-4)、コントロール(-19)は該当タイプ以外では全く同じ値でした。
スタミナと変化球に若干の差異があり、
気になったので少し変更してもう一度やってみました。

投げる工藤選手の能力を165km/h コン255 スタ255 総変化42(各7)に変更し、
1シーズン同じようにデータを取ってみました(各タイプ12人)。
その結果が以下。

低下した能力の平均値
各タイプ)
速球) -1/-19/-30.83 -0.67/-0.42/-1.00/-0.58/-0.33/0 -3.00
変化) -4/-19/-34.58 -0.25/-0.33/-0.33/-0.50/-0.25/0 -1.67
コン) -4/-*6/-34.58 -0.50/-0.33/-0.33/-0.67/-1.17/0 -3.00
スタ) -4/-19/-*9.33 -0.67/-0.92/-0.42/-0.50/-0.50/0 -3.00

となりました。見方は上と同じです。
変化球は該当タイプ以外は全部-3となり、全く同じ結果になりました。
各能力とタイプが一致する場合約1/3、変化球は約1/2の低下量になるようです。
しかし速球型のスタミナに関しては、やはり差異があるため
他のタイプよりも優遇されているかもしれません。

余談ですが、一度目の検証での変化球の低下は、
一番変化量の多いカーブに集中していました。
また二度目の検証時、カーブ方向に第二変化球を
指定したのですが、変化量の低下が一切ありませんでした。
この辺りを調べるのも面白そうです。今後、余裕があるときにでもやってみます。

以上より、
「選手タイプは能力の上昇だけでなく、低下するときにも影響を与える」
といえそうです。各影響は以下。

能力) 選手タイプ
球速) 速>>コ=変=ス
コン) コ>>速=変=ス
スタ) ス>>速≧コ=変
変化) 変>>速=コ=ス


私が知らないだけだったのかもしれませんが、面白い検証でした。
今後は選手のどの能力を伸ばしたいかだけでなく、
どの能力を低下しにくくしたいかというのも考えて、
選手タイプを考え設定したいと思います。

次回は通常通り、海外留学選手をやる予定です。
はたしてパワプロ2010の初回はどの選手になるのでしょうか。
近いうちに、早ければ明日にでも更新します。お楽しみに。
他にもこんなの調べると面白そうというものがありましたら、
こちらにお願いします。
今回は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。「面白かった」という方は
のクリックをお願いします。
スポンサーサイト

2010年07月31日 | 編集 | Comments(2) | Trackback(0) | 企画

強奪ドラフト その9 まったりペースで

主催の寝落ちという最悪の状況を招きまして、
参加者の皆さんに大変な迷惑をかけてしまいました。
申し訳ありませんでした。

指名のペースを落としまして、一日一巡でも進めば良しくらいでいこうと思います。
思っていた以上に時間がかかったので、もし次回があれば参考にしたいと思います。

2009年09月15日 | 編集 | Comments(0) | Trackback(0) | 企画

強奪ドラフト その8 ドラフト開始

14:00になりましたのでドラフトを開始します。
こちらの掲示板で行っています。
参加者以外の書き込みはこちらでお願いします。

2009年09月13日 | 編集 | Comments(2) | Trackback(0) | 企画

強奪ドラフト その7 最終募集

巨人、横浜、広島、ヤクルト、楽天、西武は参加表明がありませんでした。
14:00までにこちらで参加希望スレッドに希望球団を書いてもらえれば、早い者勝ちで参加できます。よろしければどうぞ。

2009年09月13日 | 編集 | Comments(0) | Trackback(0) | 企画

強奪ドラフト その6 プロテクト選手

12:00よりプロテクト選手の発表を開始しました。

中:井端
神:藤川
日:ダルビッシュ
ソ:川
ロ:成瀬
オ:ローズ

参加監督は本戦スレッドまでお願いします。
13:30までに参加表明書き込みがない場合は棄権とみなし、その場で再募集をかけます。
日本ハムはまだ募集中です。また参加表明がない場合、その場で参加者を追加するので
事前に参加希望スレッドに希望球団を書いてもらえれば、早い者勝ちで参加できます。

2009年09月13日 | 編集 | Comments(0) | Trackback(0) | 企画
 | HOME | NEXT »»

カテゴリ

最新記事

最新コメント

ページ選択

リンク

カレンダー

ブログ内検索

ブログ内Google検索

プロフィール

外部リンク

RSS

カウンター

ランキング

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。